1. HOME
  2. 歯周外科

口腔外科・歯周外科

口腔外科とは

主にお口周りの疾患などにより外科手術が必要な場合、主に口腔外科での治療になります。
歯周病での外科治療や顎関節症も口腔外科で治療いたします。

歯周病治療については、こちらをごらんください
顎関節症については、こちらをごらんください

口腔外科症例

Case1:歯周病の治療を行い冠を被せるまで

1.術前の状態です
前歯に大きなむし歯があります
歯ぐきが歯周病で腫れています

2.仮歯の状態です
その後、歯周外科治療を行います

3.歯周治療後に歯ぐきの形が整った状態です
炎症が無くなったので仮歯と歯ぐきの間に隙間が空いています

4.歯ぐきの状態に合わせて仮歯の修正を行います

5.冠(クラウン)を被せます
写真はセラミッククラウンです

Case2:歯周病の治療を行い冠を被せるまで(歯冠長が短い場合)

1.術前の状態です
前歯が短い状態です
歯ぐきが歯周病で腫れています

2.仮歯の状態です
その後、歯周外科治療を行います

3.歯周治療後に歯ぐきの形が整った状態です
炎症が無くなったので仮歯と歯ぐきの間に隙間が空いています

4.歯ぐきの状態に合わせて仮歯の修正を行います

5.冠(クラウン)を被せます
写真はセラミッククラウンです

Case3:歯周病の治療を行い冠を被せるまで

1.冠(被せ物)が入っています
歯ぐきが腫れています

2.土台の状態です
歯ぐきの形を整える必要があります

3.歯周病の処置を行い、
歯ぐきの形を整えた後の状態です

4.新しい土台を作ります

5.冠(クラウン)を被せます
写真はセラミッククラウンです

Case4:歯周病の治療を行い冠を被せるまで

1.術前の状態です
奥歯にむし歯があります
歯ぐきが歯周病で腫れています

2.仮歯の状態です

3.歯周病外科治療を行います
色の付いた部分の炎症をとる計画です

4.歯周治療後に歯ぐきの形が整った状態です
炎症が無くなったので仮歯と歯ぐきの間に
隙間が空いています

5.歯ぐきの状態に合わせて
仮歯の修正を行います

6.冠(クラウン)を被せます
写真はセラミッククラウンです

Case5:小帯切離移動術

1.矢印の部分に小帯(すじ)があります。
プラークが溜まりやすく、十分なブラッシングができないため、むし歯、歯周病にもなりやすい状態です

2.青色で示した部分を切開する計画です。
場合によっては糸で縫合する事もあります

3.術後の状態です。
傷は2?3週間程度で治癒します。
ブラッシングがしやすい状態になり、結果的に周囲の虫歯予防、歯周病予防になります。
※この症例では歯ぐきの移植も行っています。

Case6:口腔前庭拡張術

1.矢印の部分の歯ぐきが不足しており頬粘膜(頬)と繋がっている状態です。
食べかすが溜まりやすく、歯ブラシが入り難いため、十分なブラッシングができません。
むし歯、歯周病にもなりやすい状態です。

2.写真のように切開、縫合します。

場合によっては歯ぐきの移植を併用する事もあります。

3.歯周パック(包帯)で保護して
2~3週間治癒を待ちます。

4.術後の状態です。
歯と頬粘膜(頬)の間に十分なスペースができ、清掃性の良い環境になりました。
結果的に周囲のむし歯予防、歯周病予防になります。

お問い合わせください

095-816-3948